Velveljin / ABC

recit11

CD / Digital
2017.06.18(sun) out
Distributed by Inpartmaint (JP)

1. ABC 2. Dolly Gray 3. Of Bloom 4. Bonjour

Tour


Velveljin presents "ABC". Released from the parisian label RÉCIT, this EP includes 4 simple Pop / Rock style tracks based on New Wave / Post Punk. The title track "ABC" starts with the words "I came down a long road" sounding like a confession. This track was written after the experience in the mountains. The experience described there is not the one of a simple record of a vertical achievement as climbing toward the peak, but the one of a fragmented memory including an inner reflection. The first sense of spring in the snowy deep mountains where the band stayed in 2016 is harmonized in a new wave style piece. The lyrics of "Dolly Gray" and "Of Bloom" are written after "Ulysses" by James Joyce. The former recalls rough and tight texture that could be listened in the band's first self release, or the Post Punk music in the 2000's. The latter, starting with a reversed guitar melody, is a simple and peaceful Blues / Garage style track. The track "Bonjour", sang in Japanese, is difficult to define at once if it's joking or serious. Here, sounds from various genres are mixed up. Through these works, we can feel influences from classical band sound like The Smith or The Cure, and the change in the band’s way of creation as the lyrics. Changing their base from Kyoto to Paris, and passing through Punk, Rock, Electronica, and Contemporary music and also Silence influenced by John Cage’s philosophy, it seems now that the band tries to expresse all of these experiences in the frame of "Pop music". The cover image and the graphic design was realized by Masayuki Makino, a Tokyo based designer. The mastering was realized by Kassian Troyer, a Berlin based engineer and artist of RÉCIT, who have worked with Pantha du Prince, Jan Jelinek, Pole, Fennesz and more.

Velveljinが、新作EP 「ABC」を発表する。パリを拠点とするレーベルRÉCIT から発表されるこの作品は、ニューウェーブ、ポストパンクを軸とした簡潔なポップ・ロックである。 タイトル曲「ABC」は、「長い道をおりてきました」という告白のような一文からはじまる。この曲は、山での体験にもとづいて書かれたという。それも頂上を目指していくような垂直的な達成の記録としてのそれではなく、かつて串田孫一らが主宰した雑誌「アルプ」で読むことができたような、内的な考察を含む断片的な記憶としての体験である。直裁的な言葉が、整然と並べられている。山深い雪国で出会う残雪の頃の春の気配に、心が弾まない者はいないだろう。爽快なニューウェーブ風の曲調は、この季節に木々の間から仰ぎ見る、白と青と灰色が混じった空の風景を思い出させるようでもある。 「ドリー・グレー」と「オブ・ブルーム」は、ジェイムス・ジョイスの『ユリシーズ』からの引用で歌詞が書かれている。前者は、グループの初期の自主制作盤や2000年代のポストパンクで聴かれたようなラフでタイトな質感を思い起こさせる。ギターの逆再生からはじまる後者は、素朴で穏やかなブルース/ガレージ・ロック調にまとめられている。しかし同時に、どこかグランジが内包していたような切迫した雰囲気も漂う。 「おはよう」という日本語で歌われている曲は、Velveljinというバンドに対するイメージを変えるものかもしれない。まじめなのか、ふざけているのか、一聴しただけではなんとも判別し難い。そしてさらに、様々なジャンルの音が混ぜこぜになっている。私たちは、この感覚をどこかで知っている。 作品を通して、ザ・スミスやザ・キュアーのようなクラシックなバンドサウンドからの影響、歌詞内容への意識など、バンドの制作に対する変化が感じられる。京都からパリに拠点を移し、パンク、ロック、エレクトロニカ、そして前作「LP」で聴かれたジョン・ケージの哲学に通じるような現代音楽、沈黙を通過した今、バンドがあらゆる経験を「ポップ」の枠組みで表現しはじめている。 カバー写真とグラフィックは東京在住のデザイナー、牧野正幸。マスタリングはこれまでPantha du Prince, Jan Jelinek, Pole, Fenneszなどを担当してきたベルリン在住のエンジニアで、RÉCIT のアーティストでもあるKassian Troyerが手がけている。

All Songs and Lyrics Written by YoheiYamakado
Played and Arranged by Velveljin
Produced and Mixed by Yohei Yamakado
Mastered by Kassian Troyer
Cover Image and Graphic Design by Masayuki Makino
Publishing and Copyright Reserved by RÉCIT


Velveljin


原口麻奈、山角洋平によるバンド。パリを拠点に活動する。 2009年京都で活動を開始し、2010年自主制作アルバム「NONSAVOIR」をリリース。2011年にエレクトロニカ・音響作品「Nostalghia」、2013年にはフランス・ポー市の図書館からの委託を受け「Paucage」を制作・発表する。 2016年、バンドとして久しぶりの録音であり、現代音楽にも通じるようなアルバム「LP」を発表。英国のブランドMulberryのコレクションでも楽曲が使用された。 これまで、Galerie de Multiples, 22RUEMULLER, Agnès b, Passage Centre d’Art Contemporain, Nuit Blanche Kyoto, Club Metro Kyoto, Towada Art Centerなど、国内外を問わず様々な場所でライブを行っている。

Homepage | Facebook | Soundcloud | Instagram | LP | Casiotone Compilation vol.7 | "ABC" Release Tour